1人暮らしの物件。東京に住むなら家賃はどれくらいが目安?

投稿者: | 2017年10月9日

1人暮らしを始める前には経済的な面から考える事が先決で、特に都内に住むのであれば家賃相場を良く調べて置く事が大事です。昨今はウィークリーマンション等の普及で都内でも期限付きで住む方には非常に便利に利用出来る事もありますが、家賃となれば毎月の生活費と合わせるとかなりの経済的な負担を覚悟しておかなければなりません。

都内に職場があり通勤が近いのであれば身体の負担は減りますが、金銭的にはかなり重くなってしまう事を覚悟しなければなりません。物件探しは都内中心を中心に延線上であればかなりの家賃の差があり、部屋も想像以上に広い所が選ぶ事が出来ます。

都内では通勤が便利でも家賃相場は非常に高額になる事を心得ておかなければなりません。満員電車の苦痛を考えると短時間の通勤を希望して居る方が多く、家賃の目安として都内であればワンルームでも7万円以上は負担しなければなりません。風呂やトイレが別を希望して居る方も多くいますが、都内で一人暮らしであればユニットバスは当然となり、間取りもワンルームになる事が殆どです。

ワンルームは六畳くらいの広さなので、単身であれば然程不便は感じる事が無いスペースですが、相場以下の5万円以下を希望して居る方には都内でも破格の家賃で住む所もありますが、駅から遠くなる事があったり風呂やトイレが共同の下宿タイプの場所が多くなってしまいますので、女性の一人暮らしには多少不向きです。

家賃は月の手取りの三分の一が理想と言われているので、分相応の物件を都内延線上で探してみると、意外な穴場で希望条件に沿った物件に出会えることもありますので、数件不動産を回って探す他にもネットを駆使して探してみる事をお勧めします。